中国における「牛」文化とは?

2021-03-08 15:59

2021年是夏历牛年。自古至今,牛在中国文化中是勤劳和奉献的象征,并且往往与气力和矫健接洽在一起。

2021年の干支は丑。古くから現在に至るまで、牛は中国文化において、勤勉さや奉仕の精力を象徴しているほか、しばしば力強さや強健さとも結びつけられている。

中国自古以来都是农业社会,在农耕文化中, 牛对人们的影响并不只仅表示在出产方面,更表此刻对中华民族内涵精力的塑造上。中国著名文学家鲁迅曾以“吃的是草,挤的是奶”来形容牛的奉献精力。

中国はその昔から農業社会であり、農耕文化において、牛は人々の生産分野に影響を与えてきただけでなく、中華民族に内涵する精力を形作る上でその影響がより表れている。中国の著名な文学家である魯迅は、「牛は草を食べて、牛乳を出す」と、その「奉仕の精力」を表現した。

自古以来,中国的诗词中对牛吟颂颇多。在文学绘画的艺术殿堂里,历朝历代的文人书生都喜爱写牛画牛。在国人看来,牛之性格,敦朴宽容;任劳任怨,安博体育网站,蔑利轻名;冷静奉献。

また古くから、中国の詩や詞には牛を詠んだ作品が極めて多い。文学や絵画といった芸術の分野では、詩文や書画などを創作する芸術家たちは皆、好んで牛を題材にしてきた。中国人にとって、牛のイメージとは、温厚篤実で寛容、苦労をいとわず、恨み言を言われても気にせず、自分の好处や名声を追い求めることをせずに、ただ黙々と人のために奉仕するというものだ。

到了现代,牛更是财产与出色的象征。人们在糊口中夸赞别人时禁不住说一句:“太牛了”。

そして現在、牛はさらに富や素晴らしさの象徴にもなっている。中国では、誰かのことを称賛する時、多くの人が「牛(すごいという意味)」という言葉を使う。

“牛”已深深融入中汉文化之中,所以汉语词语常用“牛”来形容一小我私家和事物的精力。好比现代人喜欢以“牛气冲天”、“气冲牛斗”等成语形容事业的壮盛以及人的气格。以“舐犊情深”形容怙恃爱后世之情。

このように「牛」は、すでに中華文化に完全に溶け込んでいるため、中国語では「牛」という字を使って人や物事の精力を表す言葉がよく使われる。例えば、今の人は、「牛気衝天」や「気衝牛闘」といった四文字熟語を使って、商売が繁盛していることや、人の品格を表現する。また、親牛が子牛をなめる様子を形貌した「舐犢情深」という四文字熟語で、子供に対する深い愛情を表現している。

扫描二维码分享到微信

在线咨询
联系电话

4008-012-833